堺の包丁を販売する刃物専門店。堺の伝統工芸士が作る和包丁(出刃包丁、刺身包丁)から家庭用の三徳包丁まで、創業105年の老舗刃物店が販売します。包丁の切れ味を保つ砥石なども各種取り扱っており、砥ぎ直しのご依頼も承ります。

翁流 青紙スーパー 黒打 槌目 三徳 包丁 刃渡り165mm 朴八角柄

2900000-876583

13,940円(内税)

定価 13,940円(内税)

漆黒のステンレス本割込み。
【商品説明】
鍛冶職人の手により原始的な製法で打たれる、主に鉄と炭素鋼を使った、昔ながらの鉄の味わいを受け継ぐ伝統的な包丁です。
鉄を使っているため、手入れを怠ると刃が錆びてしまいますが、切れ味にアナログな味わいがあり、微妙な素材の感触をつかみやすいのも特長のひとつです。

【商品説明2】
包丁には日立金属製炭素鋼の最高峰、青紙スーパー鋼を心材に採用。
スタイリッシュな漆黒の表層は鉄ではなくステンレスで防錆性に富んでおり、各ブレードには研ぎやすさと靭性を与える極軟質ステンレスSUS405の中心に「青紙スーパー鋼」が割込み複合されています。


刃物鋼に適した砂鉄の産出地として知られる島根県安来市、日立金属(株)安来工場で製造されるYSSヤスキハガネはいずれも厳選された高純度原料を独自のレシピで配。高硬度と強い靱性を両立させ、切れ味に優れ、折れず、曲がらず、欠け難いブレードを作るのに適しています。
その中でも「青紙」とは、不純物の少ない「白紙」にクロム、タングステンを添加して熱処理特性及び耐摩耗性を改善した鋼種です。さらに青紙二号、青紙一号、青紙スーパー、と区別されますが、二号、一号、スーパーの順に炭素、クロム、タングステンの含有量が増し、刃の硬度や耐摩耗性(永切れ)に影響してきます。
青紙スーパーは、硬度を決定づける炭素の含有量が1.45%と最も高く、鋼の結晶粒を細かくし靭性が増すバナジウムをも含有されており、これら3種の中で最も先進的な鋼種とされています。


黒肌は熱処理されたままの鋼材が持つ自然な地肌色をそのまま生かしています。
土佐における伝統的黒打包丁に似た鉄の色合いと、ステンレスの耐食性​※を併せ持っています。


※注意※
黒肌やクモラシ加工部は錆びに強いステンレスで出来ていますが、刃先には青紙スーパー鋼が露出しています。お使いになった後は刃先部分の水気を切り、錆びさせない適切なケアが必要です。

【用途】
■野菜・肉・魚、何でも切れる三徳(万能)包丁
包丁は用途別に、肉は牛刀、野菜は菜切り、魚は出刃・刺身包丁を使いますが、この三徳(万能)包丁は肉・野菜・魚に使える万能包丁です。ご家庭用に最適な包丁です。

【刃渡り】
■165mm

【全長】
■305mm

【刃幅】
■45.7mm

【重量】
■118g

【背幅厚み】
■2.12mm

【材質】
■刃材:日立金属安来鋼青紙スーパー、SUS405(ステンレス・クラッド)
■柄:朴(8角柄)

【備考】
■ダイナミックな槌目仕上げ。
■翁流銘入り
【キーワード|国産/日本製/MADE IN JAPAN/包丁/庖丁/ナイフ/料理/キッチン/】