堺の包丁を販売する刃物専門店。堺の伝統工芸士が作る和包丁(出刃包丁、刺身包丁)から家庭用の三徳包丁まで、創業105年の老舗刃物店が販売します。包丁の切れ味を保つ砥石なども各種取り扱っており、砥ぎ直しのご依頼も承ります。

マサヒロ MV本焼シリーズ ペティナイフ #14804 刃渡り 150mm

4978857-148045

8,000円(内税)

定価 9,396円(内税)

購入数

【商品の特徴】
鋼材・・・職人用包丁として開発し実績のある正広オリジナルの特殊ステンレス鋼。
焼入・・・三段階にわたる焼入れにより、高い焼入れ硬度と金属結晶粒子の極細化が、切れ味の持続性と砥ぎ易さを一段と向上させています。
刃付・・・30年以上の経験を持つ熟練刃付け職人により、1丁1丁丁寧に手砥ぎで仕上ているため驚くほどの切れ味です。
バランス・・・和洋の料理に対応できるよう刀身と柄が均衡の取れるよう設計しています。
口元・・・刀身と柄の取付けは、一体成型でしかも精密溶接の口金で密封しているので、水や雑菌の浸入を完全にシャットアウトします。
柄・・・耐久性に優れたアセタール・コポリマー樹脂(抗菌剤入)を使用しています。危険なO-157等の雑菌がつきにくく、衛生的で食洗機の使用も可能。


【商品詳細】
■メーカー/ブランド:正広(マサヒロ)
■材質: 刀身/正広オリジナルのステンレス鋼 (MBS-26)、ハンドル/アセタール・コポリマー樹脂(抗菌剤入)
■口金:あり
■中子形状:本通し
■本社所在地:岐阜県関市


【サイズ】
■刃渡り:150mm
■全長:270mm
■刃幅:31mm
■刃厚:1.75mm(背/峰の最も厚みのある部分)
■重さ:76g


【店長(市川)のコメント】
マサヒロさんは、お肉屋さんの包丁を製造するメーカーです。
このペティナイフはそのプロ仕様の要素をギュギュっと詰め込んだ逸品。

触ってみると刃厚が薄いのがすぐに分かります。
切れ味良いだろうな、とまず思います。

そして切ってみると案の定、食材にスッと切れ込んでいきます。
楽しくて無駄にみじん切りしたくなります。

ハンドルもなかなかこだわって作られています。
まずその形ですが、(写真で見ていただければ分かりますが)丸みがあるので手に馴染みます。
柄尻のところはしっかり小指がかかるようになっているので、安定感も充分。
そして細かい話ですが抗菌剤入りの樹脂製なので雑菌が付きにくく、しかも食洗機対応です。
この食洗機対応というのが意外とありません。

肉をさばくプロの包丁を作り続けているメーカーならではのコダワリが、
この小さなペティナイフには詰め込まれています。